THE INDEPENDENT 3D PRINTING PORTAL

3DSHOUTは、3Dプリンティングがもたらすイノベーションを応援し、
アイデアをカタチにする楽しさをお届けします。
【画像多数】3Dプリンティングの展示会「3D Printing 2015」のまとめ

【画像多数】3Dプリンティングの展示会「3D Printing 2015」のまとめ


2015/01/28~30に東京ビックサイトで開催されていた展示会「3D Printing 2015」へ行ってきました。

3DSHOUTは、あえて一般入場者の多い1月30日(金)に潜入取材を行いました。当日は関東全域で雪が降るとの予報でしたが、実際には朝方 ぱらぱらと降ったくらいでした。

出展概要

今回、ビックサイトでは「nano tech 2015」を含む複合的な展示会となったわけですが、「3D Printing 2015」としては28団体・55社が出展しました。出展社数だけで見ると超盛大とまでは言えませんがなかなか興味深い展示がされていました。

3D Printing 2015の配置は以下の通りです(出典元:http://www.3dprintingexpo.jp/)。

3dprinting2015_mapimage

 

3D Pringing 2015 の出展ブースは以下の通りです。(出典元:http://www.3dprintingexpo.jp/)

3dprinting2015_gaiyou

後日の主催者発表によると、3日間で47,649名の来場者があったとのことです。

ちなみにオープンセミナー(シーズ&ニーズセミナー)のメニューはこんな感じでした。

20150130_3dprinting2015168

 

この後は各ブースの状況をご紹介してまいります。

 

XYZプリンティングジャパン

20150130_3dprinting2015005

高品質・低価格でおなじみのダヴィンチシリーズを提供している、3Dプリンターメーカーです。

20150130_3dprinting2015006

ブース中央には見慣れない筐体が展示されています。ダヴィンチシリーズを少しスリムにした感じです。2月10日に製品発表会で公式される前の超新製品「Nobel 1.0」が参考出品されていました。

20150130_3dprinting2015024
気になるスペックはこんな感じです。

20150130_3dprinting2015125

注目するべきところは、他のダヴィンチシリーズとは異なり、光造形方式(SLA)を採用していることです。

通常の3Dプリンターは大きいプールの中に樹脂液を入れて作成しますが、これはトレイ式で底から刷り上げる方式で無駄なところを捨てる方式の為、必要な分だけ作ることができます。

より滑らかに、サポート剤不要での生成が可能で後処理がいらないのも利点のひとつ。サイズもコンパクトになりました。
ケースを開けてもらいました。中身はこんな感じです。

20150130_3dprinting2015013
気になるヘッド部分はこちら。

20150130_3dprinting2015014
熱溶解式よりも表面が滑らかに見えて造形物もきれいです。細かい模様の作品が作れる為、宝石や装飾品などのデザイナーさんが興味を持ってくれているそうです。

20150130_3dprinting2015015 20150130_3dprinting2015019

公式サイト

http://jp.xyzprinting.com/jp_ja/index

 

株式会社DMM.com DMM.make

20150130_3dprinting2015208

まだまだ発展途上の3Dプリンター業界の中で、ぶっちぎりの存在感を示すのがDMM.makeです。

何がすごいって色々すごいのですが、例えば対象者や利用者のターゲットの広いことが挙げられます。

3Dプリンターの初心者には初心者向けのサービスを、中級者には3Dデータ提供、上級者や法人にはクラウドソーシングやシェアスペースの提供などなど。3Dプリンターに関して思いつくことは全部やってます感が満載です。

ストラタシス社製の高級3Dプリンターが鎮座。

20150130_3dprinting2015203

タイムドメインスピーカーを作ってみました的な。

20150130_3dprinting2015185

どの3Dプリンターでも対応してまっせ的な展示。

20150130_3dprinting2015190

2015年2月よりクラウドソーシングも始めるとのこと。

20150130_3dprinting2015197

ちなみに3DSHOUTでは、DMM.makeを近日中に取材に伺う予定です。

公式サイト

http://make.dmm.com/

 

スマイルリンク株式会社

20150130_3dprinting2015051

日本製パーソナル3Dプリンタ「DS.1000」を展示しています。

20150130_3dprinting2015053

造形方式はFFF。価格は180,000円(税別)。特徴は、素材にPLAやABSだけでなくナイロンやPETが使えることと、3Dプリンターとしては意外と数少ない日本製であることです。

20150130_3dprinting2015054

同社は「DS.1000」の他にも、日本3Dプリンター株式会社の「UP mini」「UP Plus2」も取り扱っています。供給元の日本3Dプリンター社も来られていてデモをやっていました。

20150130_3dprinting2015059

台(造形プレート)に無数の穴が開いているためズレが起こりにくく精度の高い造形物が作れるとのこと。

20150130_3dprinting2015062 20150130_3dprinting2015060

公式サイト

http://happysmilelink.jimdo.com/
http://www.3dprinter.co.jp/

 

TRAFAM

20150130_3dprinting2015072

正式名称は、技術研究組合次世代3D積層造形技術総合開発機構(Technology Research Association for Future Additive Manufacturing;TRAFAM)です。

一瞬、漢字の長さから中国の企業かと思いましたが、めちゃくちゃメイドインジャパンな団体です。

名前もすごいですがメンツもすごいです。一覧しちゃいますね。

学校法人近畿大学、国立大学法人東北大学、独立行政法人産業技術総合研究所、独立行政法人宇宙航空研究開発機構、株式会社I H I、伊藤忠セラテック株式会社、川崎重工業株式会社、株式会社木村鋳造所、金属技研株式会社、群栄化学工業株式会社、株式会社コイワイ、コマツキャステックス株式会社、株式会社小松製作所、山陽特殊製鋼株式会社、シーメット株式会社、住友精密工業株式会社、大同特殊鋼株式会社、多田電機株式会社、株式会社東芝、東芝機械株式会社、ナカシマメディカル株式会社、日産自動車株式会社、日本電子株式会社、福田金属箔粉工業株式会社、古河電気工業株式会社、株式会社本田技術研究所、株式会社松浦機械製作所、三菱重工業株式会社、三菱日立パワーシステムズ株式会社、矢崎総業株式会社、矢崎部品株式会社(1学校法人、1国立大学法人、2独立行政法人、27企業)

20150130_3dprinting2015068

簡単にロケットやら戦車やら作れそうなメンツです。サイトを見ると国から補助金を受けて活動しているようです。将来が楽しみです。ちなみに撮影禁止が多かったのでほとんど画像はありません。

公式サイト

http://www.trafam.or.jp/

 

Stratasys ストラタシス株式会社

20150130_3dprinting2015074

ハイクラスの3Dプリンタで有名なストラタシスです。パーソナル3Dプリンタとはお値段が二桁ほど違いますが、圧倒的なクオリティに驚かされます。関連会社のMakerbotと合同出展していました。

PhotoShopやIllustratorでおなじみのadobeとタッグを組み、カラーグラデーションの出力できるプリンタも開発中とのこと。

20150130_3dprinting2015084

ハイレベルな造形品の数々。

20150130_3dprinting2015093 20150130_3dprinting2015095 20150130_3dprinting2015098

3DSHOUTは特にこのスニーカーに注目しました。本当にすごい。ステッチや靴紐まで完璧です。

20150130_3dprinting2015105

 公式サイト

http://www.stratasys.co.jp/

 

makerbot メーカーボット

20150130_3dprinting2015113

ストラタシスの関連子会社で、普及クラス帯に3Dプリンターやフィラメントを販売しています。

一番売れているのは「Replocator」という機種で、価格は40万円ほどだそうです。Wi-FiやUSBに対応していて使い勝手の良いつくりになっています。

20150130_3dprinting2015089

こちらは小型版の「Replocator mini」です。

20150130_3dprinting2015108

興味深い点としては、機種によっては3Dプリンターの内部にカメラが備え付けてあり、遠隔地から造形物の作成状況を確認できることです。造形には意外と時間がかかりますが、これなら安心してプリントできますね。

毎週金曜日に「3Dプリンタワークショップ」も開催しているとのこと。3DSHOUTも参加してみたい。

20150130_3dprinting2015090

公式サイト

http://www.makerbot.com/

 

Ninjabot 合同会社ニンジャボット

20150130_3dprinting2015136

こちらも数少ない日本国内製の3Dプリンターメーカーです(厳密にはアセンブリが日本)。FDM-200シリーズを展示していました。

囲いがないシンプルさを追求した3Dプリンターで、特徴としては壊れたときに直しやすく、部品交換がしやすい構造をしています。シンプルでメンテナンス性が高いのはありがたいですね。

FDM式の3Dプリンターでプリントできる素材はPLAやABSといった樹脂だけでなく、Woodや、HIPS、PVA、ナイロンやPET(ペットボトルの素材)、ポリーカーボネート、炭素繊維を混入したものなど、工業用用途として固く強度の高いものから、柔らかくて柔軟性のあるポリウレタンなどの柔らかい素材にも対応しています。

公式サイト

http://ninjabot.jp/

 

Polymakr LLC

20150130_3dprinting2015139

前述のNinjabot社とも提携しているマテリアルメーカーです。多くのカラーや素材に対応したフィラメントを提供しています。

一般的なABSよりも折り曲げ強度の高いPLA「PolyMax PLA」を提供しています。主な販路はAMAZONとのこと。

20150130_3dprinting2015140

3DSHOUTが注目したのは、まるで木目調の造形物が作れるフィラメント「PolyWood」です。実際には木材は入っておらずウレタン等が混ざっているものなんだそうですが、見た目や肌触りが非常に面白いです。この素材はこれからもっと売れると思いました。

3DSHOUTは、polymakrにより詳細な取材を行う予定です。

公式サイト

http://www.polymakr.com/

 

株式会社フュージョンテクノロジー&株式会社デザインココ

20150130_3dprinting2015143

3Dプリンター「L-DEVO(エルディーボ)」シリーズを提供しています。

ラインナップとしては大型3Dプリンターが中心です。最も大型のM4040の最大造形サイズは、なんと400*400*400mm。参考出品されていた3Dプリンターでは500*500*1000mmという更に大きい作品を出力していました。

20150130_3dprinting2015148

なぜ大型にこだわるのかには理由がありました。

設計開発を担当したデザインココ社はもともとフィギュアや模型のデザイン・制作が本職の造形屋で、早い話、それなりに大きいフィギュア等を作ろうとしたら大きいパーツが欲しいと。ならば自分たちで大型3Dプリンターを作ってしまおう、ということがきっかけだったそうです。

20150130_3dprinting2015150 20150130_3dprinting2015146

CGWORLDの掲載記事も見せて頂きました。

20150130_3dprinting2015149

大型で高品質という点では負けないとのことです。

 

公式サイト

http://www.l-devo.com/

 

MUTOHホールディングス株式会社 武藤工業株式会社

20150130_3dprinting2015219

昨年末にニュースとなりました金属3Dプリンターを展示していました。

これは要するにプリンター内でワイヤーをアーク溶接で溶かしながら積み上げていくものです。この機械の中でヂリヂリ光ってました。

20150130_3dprinting2015222

金属粉末を使うタイプよりも精度は求められませんが、早く大きく安く製造できると話題になっています。表面の研磨が前提としても、金属部品を3Dプリンターで作れちゃうってすごいですね。

20150130_3dprinting2015224 20150130_3dprinting2015226

ちなみに販売は武藤工業が行うとのこと。

公式サイト

http://www.mutoh-hd.co.jp/
http://www.mutoh.co.jp/

 

株式会社ムトーエンジニアリング&株式会社ムトーフィギュアワールド&ニッポー株式会社

20150130_3dprinting2015227

3社合同ブースで出展していました。ムトーエンジニアリングは多くの3DCADソフトや3Dプリンターを取り扱っていますが、その中でもオリジナル製品のValue3D MagiXシリーズに注目が集まっていました。

ムトーフィギュアワールドは、その場で顔の3Dスキャンを行ってフィギュアを作ってしまおうという「フィギュアサービス」の実演を行っていました。これが驚くほどリアル。

20150130_3dprinting2015228

この3Dスキャナーに顔を入れてスキャン、出力するというサービスです。

20150130_3dprinting2015229

何しろ、ムトーエンジニアリングは3Dプリンタや3DCADソフトの取り扱いがとっても豊富でした。

20150130_3dprinting2015232 20150130_3dprinting2015238 20150130_3dprinting2015233 20150130_3dprinting2015230

ニッポーは、出退勤のタイムレコーダーで有名な会社ですが、昨年より「遊作くん」という3Dプリンターを販売しており、これの展示をしていました。国内生産で小型なのがポイントです。(引用:http://www.techno7.co.jp/nippo/3d/)

20150130_3dprinting2015_yusaku
ちなみに3DSHOUTでは、ムトーエンジニアリングへ近日中に取材に伺う予定です。

公式サイト

http://www.mutoheng.com/
http://www.mutoh-figureworld.co.jp/
http://www.techno7.co.jp/nippo/3d/

 

prot labs(プロトラブズ合同会社)

20150130_3dprinting2015037

3D CADのデータを使い、様々な部品やパーツをネットで注文できるサービスを提供しています。

20150130_3dprinting2015048

発注元から3次元データをもらい、射出成形&切削加工を短期間に行ってくれるらしい。
標準3日、最短1日で納品が可能。通常1ヶ月以上かかるような部品を3日で作る、ということも可能とのこと。

20150130_3dprinting2015035 20150130_3dprinting2015045

一言で言うと、一歩進んだ3D出力屋さんといったところでしょうか。こんな便利なサービスがあると従来の金型屋さんも困ってしまいそう。

公式サイト

http://www.protolabs.co.jp/

 

BRULE Inc. ブルレー

20150130_3dprinting2015129

ブルレーではメーカーボット等、多数の3Dプリンターを取り扱っていますが、
この会場ではUK発の3Dプリンター「Robox」を展示していました。

20150130_3dprinting2015131

こちらは詳しくお話を伺えなかったのですが、オートレベリングシステムがあることや最小積層ピッチが0.02mmと狭いことが特徴のようです。デザインも格好いいですね。

公式サイト

http://www.brule.co.jp/

 

crossEffect 株式会社クロスエフェクト

20150130_3dprinting2015179

3Dデザインから出力までワンストップで対応するサービスを行っています。本社は京都にあります。

また3Dデータ受付後、24時間以内に発送準備完了を可能とする「光造形高速便」というサービスも提供。

20150130_3dprinting2015184

また、経済産業省の主催する第5回「ものづくり日本大賞」内閣総理大臣賞を受賞した「再現力のある精密臓器シミュレーター」も展示していました。リアル過ぎます。

20150130_3dprinting2015174 20150130_3dprinting2015178

公式サイト

 http://www.xeffect.com/

 

Hoganas ヘガネスジャパン株式会社

20150130_3dprinting2015169

スエーデンに本社を持つヘガネス社は、金属粉で加工したパーツを展示していました。

20150130_3dprinting2015171 20150130_3dprinting2015172

日本でのサービスはまだまだこれからとのことで詳しくは伺えませんでしたが、北欧の技術が日本でどのように発展するか楽しみです。

公式サイト

http://www.hoganas.com/japan

 

まとめ

駆け足のご紹介でしたが以上です。ご紹介できなかった企業さん、申し訳ありません。

印象的だったのは、国籍を問わず大企業から中小零細企業が幅広い出展がされていることに刺激を受けました。

DMM.makeとムトーホールディングスの3Dトータルサービスを大々的に提供し、ストラタシスやXYZプリンティングが3Dプリンターを先行しつつも、他社がしっかり追従しながら差別化を図ろうとする。そんな成長産業のうねりを感じずにはいられませんでした。非常にエキサイティングでした。

3DSHOUTは、これからも3Dプリンティングを応援して参ります。

 


アーティスチックに魅せるイノベイティブな3D”フード”プリンター”XOCO”

アーティスチックに魅せるイノベイティブな3D”フード”プリンター”XOCO”

5年10年のスパンで見ると広く普及するといわれているパーソナル3D プリンターですが、果たして市場で販売されているような製品で本当に普及するのでしょうか?「大きい」し「かっこよくない」し「この程度のものしか作れない」し、、、率直に家に置きたいとは思わない。という方がまだまだ大半ですね。

続きを読む

XYZprintingが2015年出荷台数世界一に! パーソナル3Dプリンターは「啓蒙の坂」を登り始めるか?

XYZprintingが2015年出荷台数世界一に! パーソナル3Dプリンターは「啓蒙の坂」を登り始めるか?

一月程前に話したディストリビューターの方が「3Dプリンターは市場が立ち上がりません」「マニアが買って終わりました」と話していた。過剰なメディアの取り上げ方から生じた過度な期待感からすれば確かに言われてみればな感もある。
しかし、果たしてそう短絡的に捉えてよいものか。

続きを読む

Kodama,Inc. 「Trinus」KICKSTARTERで1.1million(約1億2000万円)を獲得

Kodama,Inc. 「Trinus」KICKSTARTERで1.1million(約1億2000万円)を獲得

光造形装置の発明者である小玉秀男氏と音の反響の「こだま」から名付けられたKodama,Incが「Trinus」のKickstarterキャンペーンで1.1million US$(1億2000万円)を獲得しています。Kodama,Inc.は、3Dプリンターへの情熱を持ったアントレプレナー、アーティスト、デザイナー、エンジニアがサンフランシスコで立ち上げたStart-up。プロフェッショナルな3Dプリンターを手頃な価格で提供するというビジョンを持っています。

続きを読む